動画と広告が中心のライフスタイルマガジン

FUMI's CREATE

DIY 映像制作 雑記

【ダイソー】こんなノートが欲しかった!曼荼羅チャート

更新日:

来ました!マイベストダイソー商品!

見つけた時の感動はダイソーと出会ってから1番だったかもしれません。
私は週に1度以上必ずダイソーに立ち寄ります。1日に2回行くことも・・。
良いなと思っていてもすぐになくなってしまう商品や、
規格が若干変わって今持っているものとの仕様がずれてしまったりすることもありますが、
基本的に何でも手に入る印象があります。
1度落としたら割れる衣装ケースなど、品質はおそらくお値段並みなのですが、
実験的に使うにはまずは安いほうがいいですもんね・・。
また、商品によっては置いていなかったりすることもあります。
例えば、ぱかっと開くリングケースは置いていなかった。
生活導線上にあるからということもありますが、日用品なんかもダイソーで買うようになりました。
そして中身がシンプルだからこそ、発想次第で色んな使い方ができるのも魅力です。

そんな中!ついに出会ってしまいました!

ずっとずっと探していました。。曼荼羅チャートのブランクノート・・。
曼荼羅チャートはいろいろな用途で使っており、もはや曼荼羅チャートなしでは思考の整理ができません。
最近では3×3の9マスを使った思考整理の本とかも出てきていたりしますね。

曼荼羅チャートの醍醐味!使い方無限大。

せっかくなので私が普段どのような使い方をしているのか、参考までにご紹介します。

◆中心の1マスをベースに周囲の8マスを活用する使い方

【分解】

・中心に大項目を書いて構成要素を明らかにする(目的と手段/経験とエピソード/目標とタスク)

【リスト化】

・中心に構成要素を書いて連動する内容を具体化する(旅行先の検討/会食のお店検討/持ち物チェック)

◆縦軸と横軸に意味づけをし9マスの関連性を出す使い方

【マップ化】

・縦軸と横軸に異なる要素の優劣をつけ最優先事項を明らかにする(エピソードのピックアップ/一番欲しいものの判断)

【構造化】

・縦軸を順番、横軸を抽具に分け、流れと偏りを明らかにする(ブログ記事構成/プレゼンの話の準備)

まだまだ使い道がありそうですね!

特に私の場合、映像制作の際の構成の整理やアイデアのまとめをするのに非常に役立てております。
今まではエクセルで自分で作って印刷して使ってみたり、ノートに手書きで9ブロック書いて使ってみたり・・。
それが、こんなにサクっと使える形で登場するとは!ダイソーさんマジありがとう・・。

5冊買いました。

しかも1冊108円!A5サイズ40シートなのでA5の手帳を使っている私にはぴったりのサイズ。
シート数も、書きなぐり用でもプロジェクト別でも使えそうな手ごろさ・・。
完璧です。

曼荼羅のお話はまた機会があれば・・。
9という数字にもいろいろと意味があるようですよ。

ちなみに、隣にはこんなノートも売っていました。

個人的には色が逆だったらよかったのに・・。

ダイソーさん販売終了とかしないでね!!

気になった方はぜひ使ってみて下さい。

ここまで読んでいただいてありがとうございます。

-DIY, 映像制作, 雑記

Copyright© FUMI's CREATE , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.